home / works

柏市立旭東小こどもルーム

市立小学校の校庭の片隅に建つ学童保育施設。校舎との配置関係から保育室の北・西側に眺望を広く求め、校庭と空間の連続性を実現した。


西側外観。保育室の4方向開口を実現させるため、諸室を低く抑え、大屋根と直方体の構成とした。


東側外観。保育室・諸室・機械置き場の構成。高さの違いから、トップサイドライトをつくる。


玄関部分。上方に保育室のトップサイドライトが見え隠れする。


保育室の4方向開口を実現し、眺望・採光・通風に優れ、こどもたちにとって心地よい空間が実現した。


校庭に面して保育室には壁がなく、保育室−軒下のベランダ−校庭が連続する。


出入りを要しない各開口部の内側に、細いブレースが設けられている。トップサイドライト越しに樹木が見える。


こどものスケール感に対応し、天井が低く抑えられた廊下。


夕景。外部から見た保育室との空間の連続性が明快になる。


<作品解説/データシート>    <現場レポート>

home / works