home / works


国立病院機構 茨城東病院 耐震補強

病棟外観。病院機能を維持しながらの工事を求められたため、内部に対し工事の影響の少ない外付鉄骨ブレースを採用。



病棟北側全景。外付鉄骨ブレースは病棟全体で19構面。



病室内部。外付ブレースは室内に対し、あまり圧迫感を与えない。



外付鉄骨ブレース詳細。ブレース材を角パイプにすると、溶接部の高い施工性を必要とされるが、挫屈止めの部材を省略できる。



データシート

[

所在地:茨城県那珂郡東海村照沼825
主要用途:病院
工事種別:改修
建主:国立病院機構 茨城東病院

設計:(有)古里設計一級建築士事務所/担当:古里 正
設計協力
 構造:(有)佐藤建築構造設計事務所/担当:佐藤 暢彦
 積算:岩立建築事務所/担当:岩立 哲男
施工:(株)要建設
設計期間:2006年3月〜2006年6月




home / works