home / works


松戸市立古ヶ崎小学校校舎 耐震改修

校舎全景。エクスパンションジョイントで分けられた校舎は構造特性の違いにより、ピタコラム(西側)と鉄骨外付ブレース(東側)で補強された。



西側校舎外観。ピタコラムは内装改修工事が発生せず、居住性も損なわないとされる。



東側校舎は1階のみ既に鉄骨内付ブレースで補強されていたため、2・3階を鉄骨外付けブレースで補強するというイレギュラーなスタイルとなった。



ピタコラム取付部分内観。鉄骨内付ブレースに比べ、居住性を損なわない。



鉄骨外付ブレース取付部分内観。室内への圧迫感を軽減するため鋼管部材を用いた。



トイレ内観。男子・女子トイレでそれぞれゆったりしたスペースを確保し、居住性を高めた。



データシート

所在地:千葉県松戸市古ヶ崎4-3,620-1
主要用途:学校
工事種別:改修
建主:松戸市

設計:(有)古里設計一級建築士事務所
 担当:古里 正
設計協力
 構造:(株)田中構造設計事務所/担当:田中 直樹
 電気設備:(株)アーネス設備設計事務所/担当:杉浦 清
 機械設備:(有)高木設備研究所/担当:高木 俊夫
 積算:岩立建築事務所/担当:岩立 哲男

施工
 輝建設(株)

設計期間:2011年5月〜12月
施工期間:2012年6月〜12月



home / works