home / works

チャペル計画

教会堂の平面形式として代表的なバシリカ様式と集中式を重ね合わせ、体験者の移動と共に空間の表情を変化させることを意図した。
<写真をクリックすると拡大表示されます。86KB>



体験者が軸線上に立つと、強い方向性を認識する空間となる。



体験者が軸線から外れると、広がりのある空間を認識する。



チャペル外観




home / works