home / latest news

「くまのもの・・・展」を観て(その2)
2018.04.23
text & photo by T.Furusato


隈研吾 設計「サニーヒルズジャパン」2013の原寸大の木組みです。


 latest news65「くまのもの・・・展」を観てでお伝えしましたその内容についてもう少し詳しく述べます。

 上掲写真はnews65の「サニーヒルズジャパン」の原寸大の木組み模型です。 この木組みはもともと装飾的な建具などで用いられていた「地獄組」と呼ばれる伝統的な木組みを立体的に構成し直したものです。 当初「スターバックス」では空間をのための装飾的な存在だったものを木造3階建ての構造体にまで発展させています。 また、この構造体は建物の外部に露出させているため、建物全体が特異な外観となっています。

 下掲写真は厚さ20mmの木の板と金物を合わせたユニットで、大きな持ち出しのルーフを創った事例です。 板の間にステンレス板を挟み込み、補強しています。 ユニットを見る限り単純に感じますが、完成型は複雑な曲面で構成されています。

 隈研吾 氏の一連の展示作品を観て特徴的に感じるのは、とても身近な素材・工法から出発し、そこから技術的な裏打ちをして、今までにない建築的な表現を生むことでしょうか。 建築の「新たな」と言うか「本来の」地平を取り戻したと言うべきでしょう。



隈研吾 設計「KOMOREBI/シャトー・ラ・コスト」2017。南フランスで実際に造られた大きな庇です。オブジェとしても魅力的です。




home / latest news